活動日誌
おうちデトックス編集部

講座の後に涙が止まりませんでした。

サイト運営者

整理収納サービス『おうちデトックス』代表 大橋わか

お宅訪問件数450案件・1,500回以上。実生活でキレイを維持できる整理収納を教える片付けコンサルタントサービスおうちデトックスの代表

忘れ物、落し物、何回したことありますか?

私は、ほんとーに頻繁にモノを無くします。

こんにちは。おうちデトックス代表大橋です。

この前は、お客様をマンションのエントランスで待っていた際、石垣のようなところに傘を置き忘れてしまいました。

私の場合、いつの間にか手から消えていることが非常に多いのです。

大体は、人と話している時、スマホしている時、考え事をしている時に手から消えます。

そんな私でも出来る、いや、そんな私だからこそやっている整理収納術をお伝えしてきました。

合計43名の高校生が来てくれました。


講座の後に涙が止まりませんでした。

コミュニケーションに悩む高校生との講座。いつもとは違った反応でした。

無邪気な子供のような子もいれば、
わたしの質問に応えようとして唇を動かすけど、どうしても話せない子。
授業中、ずっとうつむいている子(でも課題はやる)

アンケートを見ると、驚くほどすごくよく理解してくれているし、がんばろうと思ってくれているし、褒め言葉や励ましまで!

その場の空気を読むということが苦手な子
反対に空気を読みすぎてノーと言えない子

目標は大きな声で話すこと
1人でいいから友達をつくること

学校で一言も話さず過ごした9年間
高校生活の悩みを少し聞いただけでも、わたしの想像を超えています。

そんな彼、彼女たちも一歩踏み出すためにここにきている。

それだけで素晴らしい。


わたしも集団生活はそんなに得意ではありません。

中学生の時は、昼休みに小説を読んでいてたり、何故かトイレにみんな一緒に行くのが嫌で仕方なかったり。

高校生活は部活にも入らなかったので、ごく一部の特定の人としか話せてなかった。

でも死ぬほど辛いことは一度もなかった。

それは、幼馴染がずっと一緒だったからだと思います。

保育所から高校まで一緒だった彼女の人柄に助けられて私も溶け込むことが出来ました。

私ってラッキーだったんだなー

◯◯ちゃんがいなかったら、私も孤独だったかもなぁ。

ほんとついてたなぁ…と思いながら帰りました。


講座後にスタッフの方と話していると涙が止まらなくなり、みんな完全もらい泣き 笑

課題の多い講座でしたが、私が感動して涙が溢れた講座ははじめて。

少しでも力になれたのだろうか。

来月も府中で話します。

すごく悩ましいです。T-T