• HOME
  • コラム
  • 不要な割り箸を片付けながら、おうちの隅々をキレイにするヒント|スタッフ中川
片付けノウハウ
おうちデトックス編集部

不要な割り箸を片付けながら、おうちの隅々をキレイにするヒント|スタッフ中川

サイト運営者

整理収納サービス『おうちデトックス』代表 大橋わか

お宅訪問件数450案件・1,500回以上。実生活でキレイを維持できる整理収納を教える片付けコンサルタントサービスおうちデトックスの代表

キッチンの引き出しに沢山の割り箸が使いきれずに残っていませんか?
お弁当についていたり、コンビニでもらって来たり・・・

今日はそんな割り箸のお片付けとお掃除の一石二鳥になるヒントをお届けします。

こんにちは。「整理収納のチカラでかなえるインテリア」おうちデトックス スタッフ中川せい子です。

「お客様がみえたら」「パーティで」と思っていても、実際にはお客様そんなに来ないという方多くないですか?

月に何回、年に何回お客様はみえますか??

結局出番がないままになって、たくさん溜まってしまった割り箸たち。

「もう要らない!」ってサッと捨てられる人もいるけど、そうでない人もいます。
そんな方は、「箸は食事で使うモノ」という固定観念を捨てて、別のコトに使ってみてはいかがでしょう?

私は割り箸を細かい場所のお掃除に使っています。

割り箸の先端にテッシュをクルクル巻きつけます。ハンディワイパーが入り込めない、こんな隙間や溝などの埃やゴミを吸着してくれます。

窓のサッシのレールのお掃除にはウェットテッシュを巻きつけます。

ウェットティッシュだと破れずに溜まった埃やドロがとれます。

細いレールは箸を割って細くして使います。

手が汚れないように何本か用意してから始めると時間がかかりません

終わった箸はポイポイ捨てるだけ、後は水を流して雑巾で拭き取るとレールがキレイに輝きを取り戻します。

要らない箸が減り、おうちの隅々もキレイになり一石二鳥です。家族がスッキリ心地よく感じてくれるでしょう。