• HOME
  • コラム
  • リビング収納は扉を開けても見た目キレイで使いやすく【実例】
お客様片付け実例
おうちデトックス編集部

リビング収納は扉を開けても見た目キレイで使いやすく【実例】

サイト運営者

整理収納サービス『おうちデトックス』代表 大橋わか

お宅訪問件数450案件・1,500回以上。実生活でキレイを維持できる整理収納を教える片付けコンサルタントサービスおうちデトックスの代表

「片付けてもすぐ戻ってしまう」「必要な時に必要な物をすぐに取り出したい」「ゴチャゴチャ感もなくして見た目良くしたい!」

このようなお悩みは皆さんお持ちだと思います。

特にリビングは、家族が皆集う場所なので色々な物が集まる場所でありながら、お客様やお友達が来た際に見えてしまう場所ですよね。

こちらのお客様は洋室2部屋とリビング収納の整理収納作業を行いましたが、今回はリビングの壁面収納の整理収納作業についてご紹介します。

目次

「整理」をすることで気付けることがあります

物と向き合う

棚から全ての物を出して仕分けをします。

この「出す、分ける、知る」をしっかり行うのがリバウンドしないための第一歩です。

どれだけの物を持っているのか?どんな種類の物が多いのか?どんな物を買うことが多いのか?など、全て出すことによって知ることができます。

出した物を仕分けし「要・不要」を判断していきます。

この時にすぐ判断できる物、考えながら判断する物というのが出てきます。私たちアドバイザーがそういった判断に困る場合の物への考え方や処分の仕方、また残し方という方法も丁寧にアドバイスしながら作業を進めます。

「要・不要」の判断に迷う物はすぐに判断せず、迷う物として分けます。

自分のタイプを知る

こちらのお客様は、思い出の物をすぐに手放せないタイプのようでした。ご自身が気づくことで、今後の物の持ち方や見直す時期が分かります。 思い出をうまく管理出来るシステムを提案させて頂きました。気付くことによって改善できる策はたくさんあります。

「収納」づくりの考え方

使い勝手を考える

リビングの収納にあったら良い物を収めて行きます。これは生活動線も考えて使いやすく戻しやすいことが大切です。

今回は、他の洋室2部屋と定位置づくりが連動しているので紙袋などを使って一度仮置きをしました。

収納ケースを一気に買い揃えるのではなく、仮置きにして実際の生活で一度使ってみると使い勝手など事前に確認することもできます。

スペースの有効活用

床から天井まである壁面収納なので収納としても大きいです。その中に収納する細かい物も増えたのでスペースを無駄にしないよう、追加で棚板を手配し設置しました。

必要な棚板サイズを測り、棚板を乗せるダボの種類も確認します。面倒な手配も当社サービスの一環で、お客様に大変喜ばれております。

壁面収納に棚板増設

収納のこだわり

今回は扉を開けた際でも書類や小物がごちゃごちゃと見えないように白い収納ケースをメインに揃えました。中に入っている物や書類はしっかりラベリングで見えるようにすれば、中身の見えない収納ケースでも大丈夫です。ケースが揃っていると見た目もスッキリとし、開けてもキレイな収納を目指しました。

奥行のある棚は、更に使用頻度なども考えて前後に収納する仕組みも考えました。

リバウンドしないために大切なこと

2割の余裕を持つ勇気!出しやすく戻しやすいことが、収納をキープするには不可欠です。

つい収納ケースの高さに合わせて棚板も設置しがちですが、収納ケースの上の空間を空けることによって出し入れが簡単に出来たり、余裕を持つことの大切さもお伝えさせて頂きました。

リビングで使うお子様のおもちゃは、自分でお片付けできる収納システムを導入!

おもちゃは細かく分類しすぎず、ポイポイと入れられて簡単に出し入れできるようにすると、小さなお子様でも迷わずにしまう事ができますね。

おもちゃなどは、ケースに持ち手があると更に使いやすいです。

お子様のおもちゃなので、棚の一番下の段に収納しました。

このように、使用頻度や使う人の手の届く範囲を考えて収納の定位置を決める事によって、使いやすい収納づくりになります。

【一緒に片付け】収納コンサルプラン で一緒にスキルアップ

【一緒に片付け】収納コンサルプランは、お客様のお悩みやご要望を丁寧にお聞きし、お客様の生活に合った整理収納を提案できる当社1番人気のプランです。

整理収納の基本の流れをベースに一緒にお片付けをする事によって、お客様の片付けスキルも上がります。

片付けたい、物を減らしたい、みんなが使いやすい収納をつくりたい、快適に暮らしたい・・・そんな時は是非一度「おうちデトックス」へご依頼ください。お客様のお困りごと、ご希望に合わせて使いやすい、リバウンドしない収納システムをご提案致します。

分からない事などございましたら、お気軽にご相談ください。

⇓ 無料で問い合わせる ⇓
 

作業のまとめ

こちらのお客様は、3回作業に伺いました。主な作業内容と料金は下記の通りです。

お困りごと・ご要望

・片づけてもいつのまにか戻ってしまう
・欲しいものがすぐ見つかって、さっととれるようにしたい。
・こどもがおもちゃを出したり片付けたりできるようにしたい。
・ごちゃごちゃとした見た目のストレス感をなんとかすっきりさせたい。

住居形態 3LDK
家族構成 4人(子ども:3歳 0歳)
作業の流れ

【初回】
家全体のヒアリング。ご要望箇所の採寸と部分的な整理収納(1名×4時間)

【2回目】
壁面収納と他の部屋の収納2カ所の物を出して仕分けと仮置き(2名×4時間)

【3回目】
収納グッズと棚板を手配し、収納づくり(2名×4時間)

※作業期間 1.5ヶ月

作業料金

48,000円(税抜)

初回(1名×4時間)
2回目と3回目は洋室2室を同時に整理収納(2名×4時間)
合計3部屋の整理収納実施で96,000円でしたが、ご紹介の壁面収納だけの場合は2回訪問で48000円程度。

※2012年12月現在の料金