• HOME
  • コラム
  • 楽しく遊べる子ども部屋づくり【ノウハウ】
片付けノウハウ
おうちデトックス編集部

楽しく遊べる子ども部屋づくり【ノウハウ】

サイト運営者

整理収納サービス『おうちデトックス』代表 大橋わか

お宅訪問件数450案件・1,500回以上。実生活でキレイを維持できる整理収納を教える片付けコンサルタントサービスおうちデトックスの代表

整頓されたお部屋の中に、ところどころにお子様の大好きなキャラクターがお顔をのぞかせています。

小さいお子様にとっては遊びが一番の学びの場。こんなに魅力的でかわいいお部屋には楽しいことがいっぱい!遊び方に工夫が出たり、想像力も育ちます。

「子どもが喜ぶ部屋にしたい!」そんな願いを形に出来るよう子ども部屋づくりをお手伝いさせていただきました。

今回は、家族でお部屋づくり自体も楽しみ、お子様が楽しく遊んで過ごせる子ども部屋づくりのヒントにしていただきたい、そんなノウハウをご紹介いたします!

ぬいぐるみタワーでぬいぐるみ収納

たくさんお持ちだった大好きなキャラクターのぬいぐるみ。

たくさんのぬいぐるみって、並べて飾ると場所も必要だし、だからと言ってボックスで収納すると見えないし、大好きだから見えるように飾りたいけど。。

ということで!

以前にもおうちデトックスのお客様のお宅でを制作し、お客様に大変喜んでいた『ぬいぐるみタワー』を作りました。

参考⇒ 大量のぬいぐるみ収納に「ぬいぐるみタワー」でお片付け【ノウハウ】

設計図と材料

こちらが、インテリアコーディネーターの髙森が作成してくれた設計図です。

 

どのくらいのサイズか?どういう風に組立てるか?など、予め分かるようにしておくと組立の時にとても参考になりますので、みなさんもこの設計図を参考に描いてみると良いと思います。

そして、材料はこちら。(画像には他の制作物用の材料も入っております)

ぬいぐるみタワーには、こちらのメッシュパネル大・小と結束バンドを使用します。

メッシュパネルの大きさがお分かりになるかと思いますが、これを使ってぬいぐるみタワーを作りますので、たくさんのぬいぐるみが入るタワーになりますよね!

ワクワクします♪

作り方

作り方はカンタン!メッシュパネルを設計図通りに結束バンドを使って留めて行きます。

制作時の実例画像でご紹介します。

ここで、タワーを作る時のポイントは大きく2つ。
 1つめは、タワーの下部は安定させるために四角く箱状に囲うこと
 2つめは、結束バンドを細かいピッチで留めること

歪んだり、崩れにくくするために細かいピッチで留めて行きましょう。網目の2~3個おきくらいに留めると良いと思います。

そして、今回のぬいぐるみタワーでは、工夫した部分もあります。

それは黄色の矢印の部分(⇓)

奥側からメッシュパネル小を水平に付け、ぬいぐるみを座らせる部分を付けて、ボックス状の所に入れるぬいぐるみと、その上部に座らせて飾るぬいぐるみの場所を作りました。

完成!

いかがでしょう?

メッシュパネルを使用して作ったぬいぐるみタワー。メッシュパネルにはフックが引っかけられるので、メッシュの袋も吊るし、小さめのぬいぐるみを入れました。

また、ぬいぐるみハンモックを作って、フックで掛けることも可能です。

参考⇒ ぬいぐるみ収納|作ってみよう!100均メッシュバッグでハンモック収納【ノウハウ】

ボックス状になった部分に入ったキャラクター達の様子も見えるし!座っているぬいぐるみも居ます^^

お子様の手の届く高さがボックス状になっているので、自分でお片付けもできますね!

高さもありますので、たくさんのぬいぐるみを収納することができました。

*こちらのぬいぐるみタワー制作は、制作時間にもサービス料金が加算されるため、通常の整理収納サービスではこのような制作作業は行っておりませんので、ご了承ください。ぜひ、こちらの作り方をご参考にして頂ければ幸いです。

お部屋をデコレーション 3つのアイデア

お子様の成長は早いですよねー

遊ぶおもちゃも好みも、学習の仕方もどんどん変わります。

お子様の成長期には、大幅ではなくても収納やお部屋のレイアウトを変えるような小さな見直しのタイミングが何回か出て来ることになります。

だからこそ、思い切ったお部屋のデコレーションにもトライして、子ども部屋づくりを楽しむこともできるのではないでしょうか?

今回ご紹介のお部屋は未就学児の姉妹のお部屋ですが、そのお部屋づくりの中で「こんな方法もあるよ!」というアイデアを3つご紹介したいと思います。

①オリジナルステッカーでデコレーション

向こう側に並んだキャラクターの収納ボックス。

実はコレも手作りのデコレーション。

こちらのお宅で定期的に購入されているお水の段ボール(コレが3段カラーボックスを横にした際にピッタリサイズでした!)に、100円ショップのリメイクシートを貼り~~

\広いガレージで作業させていただきました/

そこに、お気に入りのキャラクターを印刷した物を貼ってデコレーションした物になります!

お水の段ボールがお気に入りキャラクターの収納ボックスに大変身!!

このように素材を印刷して貼るのも良いですが、例えば、ポスターを利用しても良いですし、使わなくなったカレンダーの画像部分、シールを使っても良いかと思います。

②プレイハウスを作ってデコレーション

大人も入れるサイズのプレイハウス。

こちらはプラスチック段ボール(通称プラダン)で作った家型の箱をデコレーションした物。

各パーツにそれぞれ100円ショップのリメイクシートなどを使用して、おうちらしい雰囲気を出しました。

そこに~

先ほどと同じように、お気に入りキャラクターを貼ったり、こちらも100円ショップで入手できるポンポンを付けたり、色紙を使って飾り付けをしたり♪

こんなに可愛くデコレーションできました!

早速お子様も入って楽しそう♪♪

みんなで手作りして愛情たっぷり。お気に入りのハウスになりました。

③カーテンを使って壁面のデコレーション

収納ボックスなどが並んだ壁と反対側の壁面。

こちらの壁面にカーテンを付けて壁面をデコレーションしました。先ほどのプレイハウスでも使用したポンポンも付けて更に可愛くなりましたね。

薄いレースのカーテンなどの重みの少ない物を選べば、両面テープを使って貼ることもできますし、粘着テープ付のマジックテープの一方を壁側(今回は天井と壁の境目の木部の部分に貼っています。)に貼り、もう一方をカーテン側に貼れば取り外しもできます。

カーテンの重みと固定するための材料の選択と、少し工夫も必要ですが、窓の無い部分にカーテンを使用してこんな風にデコレーションしてみるのもアイデアの一つですね!!

この春!新生活がはじまるこの時期に

これからご入園やご入学など、子ども部屋づくりやお片付けなどする時期の方もいらっしゃると思います。

今回は、楽しく遊べる部屋づくりをテーマとしてのアイデアを中心にご紹介しました。

ぜひ、参考になる!という部分を取り入れて、お子様と一緒にご家族でお部屋のデコレーションも楽しんでみてくださいね!