• HOME
  • コラム
  • マスクの収納場所について解説。おすすめの収納場所とは
片付けノウハウ
おうちデトックス編集部

マスクの収納場所について解説。おすすめの収納場所とは

サイト運営者

整理収納サービス『おうちデトックス』代表 大橋わか

お宅訪問件数450案件・1,500回以上。実生活でキレイを維持できる整理収納を教える片付けコンサルタントサービスおうちデトックスの代表

こんにちは、おうちデトックスの森山尚美です。

 

日ごとに寒さが和らぎ、春の訪れを感じる今日この頃。温かい日差しや、満開の桜が待ち遠しいですね!

だけど一年の中で、この季節が一番つらい、という方も多いはず。そう、花粉症でお悩みのみなさんです。

わが家の夫や息子も、それはひどい花粉症。毎日、花粉をしっかりカットしてくれるマスクが欠かせません。

 

花粉症さんにとっての必需品、マスク。

みなさんのおうちでは、どこにしまっていますか?

お薬やばんそうこうと同じ、衛生用品の仲間だから、薬コーナー?それともなんとなく、ダイニングや納戸にしまってある・・・?みなそれぞれだと思います。

どこにしまっていても、ちゃんと毎日使えていればそれでよいのです。

外に出かけるときに、いつも忘れずに持って行けているなら。

だけど、ついつい忘れて家を出ちゃう!

忘れるから、出先でマスクを買う羽目になっちゃう!あとは、家を出るときにマスクのことを思い出して、あわてて部屋に取りに帰って、毎朝バタバタ・・・

そんな様子なら、マスクをしまう場所を考えてみてもよいかもしれません。

 

わが家では、玄関にマスクをしまっています。

下駄箱の一部に、マスクコーナーがあるのです。

今日履く靴を取り出したら、必ずマスクも目に入ります。

ここに置いてあれば、絶対にマスクを忘れて外出することはありません。

靴を履いたあとに、あ!マスク忘れた!とバタバタと部屋に取りに戻る必要もなし。

スムーズに、忘れものなく、外出できます。

 

家の中を、自分が歩く道筋に合わせてモノをしまうことを、「動線」に沿った収納といいます。

外に出る道すがら、自然にマスクも手にとれるようになっているので、無駄な動きがなく、とてもスムーズ!

おうちの中のモノ、動線に沿ってしまってみると、使い勝手が劇的に良くなったりします。

ぜひお試しくださいね!

 

おうちデトックスは、動線に合わせた無駄のない収納をご提案するのが得意です。

“収納を見直してみたいけど、自分ではよくわからない・・・”

そんなときにはぜひ、おうちデトックスにヘルプを求めてくださいね。

動線に沿った無駄のない収納、ご提案させていただきます!