• HOME
  • コラム
  • 押入れとクローゼットの収奥行きを活かした収納術
実例
おうちデトックス編集部

押入れとクローゼットの収奥行きを活かした収納術

サイト運営者

整理収納サービス『おうちデトックス』代表 大橋わか

お宅訪問件数450案件・1,500回以上。実生活でキレイを維持できる整理収納を教える片付けコンサルタントサービスおうちデトックスの代表

整理収納【プレミアム】プラン

押し入れの整理収納

押入

Before

 

収納用品を使って上手く仕切っていますが、押し入れいっぱいにモノが詰め込まれているため取り出しにくくしまいにくい収納となっています。

衣類ケースは、中に入れるものによって、深さを変更する必要がありました。(写真は左右別々に撮影したモノを合体させています)

After1

中のものを全部出し今の暮らしに合ったものを整理し、特に来客用寝具などを厳選されました。

衣類ケースは子供服に合った引き出しの浅いタイプに変更です。モノを一目で見渡せ、お嬢様も自分で洋服を選べるようになりました。(写真は左右別々に撮影したモノを合体させています)

After2

After1でも十分スッキリと使いやすくなりましたが、実際にお使いいただく中で出てきたちょっとした使いにくさをお伺いしながら収納グッズやレイアウトの変更を繰り返しました。

最終的に、思い出の品や法事仏具などの使用頻度の一番低いモノを押入れの天袋に集約

布団収納袋は機能的で丈夫、更に見た目の美しさを意識してお客様好みを反映したモノに変更。

アイロンやミシンなどの家事家電はキャスター付きの収納に収めました。

更に、長期休みなどに持ち帰ってくる学用品スペースも確保

テプラやイラスト付きのラベルで総仕上げ。

使いやすくしまいやすい「キレイがずっと続く」理想の押し入れ収納の完成です!

クローゼット

Before

洋服を掛けるバーが2本。長いバーは殆ど使用せず、衣類ケースを沢山お持ちでした。

元々お持ちの衣類ケースのサイズはピッタリでしたので、このまま使って行けると判断。

「着たい衣服を直ぐ探せるように・・・。バックを置く場所も欲しい。」というご要望でした。

After1

 

中身を全部出し、使っているモノ・気に入っているモノだけを残し、同時に下げる服とたたむ服の選別。

更に、吊り下げる洋服のアウター・夏物・冬物のレイアウトを決めます。そして、洋服の種類ごとにハンガーの本数をカウントして発注します。

After2

 

ハンガーを同じものに統一することでスペースの無駄がなくなり、たくさんの衣類を掛けられました。

洋服の長さに合わせて衣類ケースのレイアウトを微調整。

引き出し内も種類や季節ごとに分けてあるので衣替えもとっても楽です。

日常使いのバックは引き出しの上に、頻度の低いバックは枕棚に収納しています。

クローゼット内はコーナーごとに季節や種類で分かり易くレイアウト。

見渡せるのでコーディネートも管理もしやすい、「キレイがずっと続く」クローゼットに大変身しました!

こちらのお客様は、トータルコーディネートさせて頂いております。

他の作業箇所はコチラ↓

キッチンを見る

子供部屋を見る