• HOME
  • コラム
  • インテリア雑貨をおしゃれに飾るコツ【ノウハウ】
片付けノウハウ
おうちデトックス編集部

インテリア雑貨をおしゃれに飾るコツ【ノウハウ】

サイト運営者

整理収納サービス『おうちデトックス』代表 大橋わか

お宅訪問件数450案件・1,500回以上。実生活でキレイを維持できる整理収納を教える片付けコンサルタントサービスおうちデトックスの代表

お買い物の途中で見つけた素敵な雑貨。イイナと思って買ったのに、お部屋に飾ったらなんか違う…

お部屋を片付けたし、何か飾ったりしてもう少しセンスのいいお部屋にしたいな。

大好きな雑貨を飾っているのに、なんだか飾り方がちょっと違う気がする。。

そんなお悩みありませんか?

片付いたお部屋に素敵なインテリアがプラスされれば、お部屋はさらに居心地も良くなります。

反対にどんなにインテリアが素敵でも、物であふれたお部屋ではせっかくのインテリアも台無しに。。

「片付け」×「インテリア」は、おうちデトックスでとても大切にしているテーマで、インテリアコーディネーターも在籍しています。

そこで今回は、インテリア雑貨を簡単に!素敵に!飾れるコツをご紹介したいと思います。

飾り方のコツを知っておけば、好きな雑貨を素敵に飾れるようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【記事更新日:2023年7月7日】

目次

素敵なディスプレイにできる飾り方のコツは『3』を意識する

インテリア雑貨の飾り方にはコツがあります。それは『3』を意識するということ。

では、その『3』とは何か?解説していきます。

同じ大きさのものを等間隔に3つ並べる

こちらはガラス瓶を飾った例。色違いの同じ形と大きさの瓶を3つ等間隔に並べてみました。

こちらは、同じ大きさで柄と色違いのインテリアパネルを3つ縦に並べて等間隔に飾った例になります。

いかがでしょう?同じ大きさの物を3つ等間隔に並べて配置するだけで、オシャレなディスプレイの完成です。

もし気に入った雑貨を見つけたら、同じ大きさの物を色や柄違いで揃え、等間隔に並べて飾ってみると良いでしょう。

三角形をつくるようにする

画像左下の置物3つ。その上段の時計と飾りの3つ。それぞれ、高さや並べ方に三角形を意識しています。正三角形でも二等辺三角形でも構いません。雑貨を三角形に配置することにより、素敵なバランスが得られます。

こちらは、壁面の角を使って、壁2面に作った三角形。時計とドライフラワー2つで三角形を作りました。

このように、大きな空間でも三角形を意識してみると良いバランスで飾ることができます。

色は3色までが良い

先ほどご紹介したこちらの神棚。ナチュラルカラーのウッドと白と朱色でまとまってますね。

ここは神棚のコーナーではありますが、インテリに馴染む工夫をして雑貨と共に3色意識してみました。

こちらも、グリーンの緑と茶に赤のアクセントカラーでまとめた実例です。

このように3色で色合わせをすると、コーナー全体が素敵にまとまりますね。

余白をつくる

そして、絶対にして欲しいのは「余白」をつくるということです。

どうしても沢山飾りたくなりますが、「余白」があるなしでは大きな違いが出ます。ぜひ、全部並べて飾りたくなる気持ちをグッと抑えて余白を空ける勇気を持ってくださいね。

先ほどご紹介したTVボード上の飾り棚ですが、余白があることによってそれぞれの雑貨がバランス良く活きてますよね。

こちらも壁面に飾り棚を付けて雑貨を飾るコーナーを作っていますが、棚、チェストの上とそれぞれに余白を持ってディスプレイされているので、それぞれの雑貨がそれぞれの味を持って活きています。

ちなみに、一番上の棚は神棚として設置していますが、インテリアにうまく溶け込んでいますよね。

インテリアのテイストを合せる

次は、少しインテリアのテイストについてお話します。

先ほどお話したように、色と余白をも意識して雑貨を飾るとディスプレイコーナーがイイ感じにまとまりますが、インテリアのテイストも合わせると統一されます。

インテリアを表した北欧、アメリカン、フレンチ、ブルックリン、アジアン、和などの言葉を聞いたことがあると思いますが、世界の地域をイメージする家具やテイストに、レトロ、シンプル、モダン、ナチュラル、ヴィンテージ、ホテルライクなど、そのインテリアのテイストを表している言葉があります。

Illustration by Asami Tomono

今はいろいろな情報や画像が検索できる時代ですので、ぜひ好きなインテリアテイストを知って、その雰囲気に合う雑貨選びをするのも良いかもしれません。

インテリアを素敵にするアイテム

グリーンやフラワー

これまでご紹介した画像でもところどころグリーン(観葉植物など)があったと思いますが、グリーンを取り入れるのも良いと思います。

 

最近では枝ものでドウダンツツジやユーカリなどを花瓶に挿して飾るのもオシャレですよね!

植物を枯らしてしまっちゃいそうだわ…という方は、フェイクやエアープランツでも良いと思います。

こちらのチェストの上のように、ツル状になっている葉を垂らして飾るのも素敵ですよね!

花瓶に挿したお花を飾るだけでも素敵ですが、こちらも生花を頻繁に交換するのは大変…という方も、ドライならいかがでしょうか?

こちらのコーナーも壁にドライフラワーが飾ってあったり、飾り物があるだけで違いますよね!

こちらは、ソファーの横に置いたブランケットなど入れたバスケット。そこにフェイクフラワーを飾りました。

収納するボックスやバスケットにこのようなフラワーやグリーンをプラスするのも、ちょっとしたプロのワザですよね!でも、このワザを知っていればマネしやすいと思いますので、ぜひやってみてくださいね。

キャンドルや季節の飾り

最近は100円ショップやスリーコインズ、IKEAなど、安価だから取り入れやすい雑貨もたくさん増えました。

キャンドルを大きさ違いで三角形を意識して飾ってみたり、

季節の飾りを取り入れてみても良いですよね!

ハロウィンやクリスマスは分かりやすい季節のイベントですし、夏ならブルーなど色を意識して飾ってみるのも良いと思います。

センスは磨かれます♪

よく「センスがある」という言葉もありますが、「センスは磨かれる」ものだとも思います。

ぜひ、おうちにある雑貨をご紹介したコツを使って飾ってみてください。何度か練習していくうちにセンスも磨かれていくと思います。

今回お伝えした雑貨ディスプレイのコツは基本の「キ」。家にある雑貨からでもチャレンジしていただけると嬉しいです。