• HOME
  • コラム
  • プロがインテリアも収納も素敵にするためにやっていること
片付けノウハウ
おうちデトックス編集部

プロがインテリアも収納も素敵にするためにやっていること

サイト運営者

整理収納サービス『おうちデトックス』代表 大橋わか

お宅訪問件数450案件・1,500回以上。実生活でキレイを維持できる整理収納を教える片付けコンサルタントサービスおうちデトックスの代表

外出自粛で家にいる時間も長くなり、おうちのこと「ああしたいな~、こうしたいな~。」と思うことも増えました。
ネットで家具や雑貨を見てぽちっとする前に、インテリアがちぐはぐにならないよう全体のイメージ作りが大事です。そのために、今回はインテリアも収納も素敵にするためにやっている「家のことなんでも帳」をご紹介したいと思います。

 

目次

すっきりおしゃれなお部屋にするために「家のことなんでも帳」

インテリアには雰囲気買いはNG!

多くの方が「白を基調に」など、なんとなくの色のイメージはあると思いますが、「北欧がいい」「モダンがいい」などピンポイントでこだわりのある方は少ないかもしれません。
また、自分は同じテイストや色で選んだつもりが何か違うな・・となっていることも。
雑貨や収納グッズを見ると、テイストよりも「これいい!」が先行した雰囲気買いをしてしまうものですね。でも、好きなものを集めていくだけでは家がごちゃごちゃしてきてしまい、雑多なイメージになってしまいます。
モノで溢れて片付いてないからと、収納家具を買ってしまったりもイメージを崩してしまいます。
そんな雰囲気買いを防止するためのおすすめが「家のことなんでも帳」です。

 

インテリアにも収納にも役立つ「家のことなんでも帳」のメリット

ノートには目指したいインテリアのイメージ画像等を貼ったり、測ったサイズを書きこんでいきます。
私たちがお客様宅でお片付けし、収納作業をするためには必ず採寸記録を残します。
前に測ったことあるのに何センチだったっけ!?とまた測るなんて面倒ですよね。
お店に行くときに見返すと「サイズが合わなかった」なんてことや、「かわいいけど、自分の部屋には合わなかったな」となってしまう雰囲気買いが防止できますよ。
持ち歩きしない場合には、ノートを撮影しておきスマホなどで見られるようにしておけば便利です。
記載したほうがいい内容はこの後に詳しくご紹介しますね。

 

用意するものはノートだけ!

私が使っているノートはシンプルな無印良品のリングノート。
このノートにしたポイントは2つ。

  • 方眼でもなく罫線でもなく「薄い点」が書かれているだけなので、絵も文字も書きやすい
  • リング式なので、いらないページや失敗したら破ってリセットできる 。

途中で書き損じページがあるのが気になる方や、気軽に始めたい方におすすめです。

 

片付け上手になるために抑える内容とは

自分の目指すインテリアに近いお部屋や家具・雑貨の切り抜きなど

インテリアも収納作りも、毎日物が増えたり生活の変化があったりで、残念ながら終わりはないですよね。
「あーだったらいいな、こーだったら・・」「なんか、使いづらいなぁ」・・・そんなことを日々家の中で過ごしているときに、ふと感じたり思いついたりします。
例えば、 引き出しの仕切り増やした方がいいのかなーとか、クローゼットの引き出しの上の隙間にカゴ置きたいなーとか、ここに何か飾れないかな??これに合いそうな便利グッズないかな??と。。
そんな思いつきも、簡単な間取り図を書いて記入しています。

実際のノートがこんな感じです。 ↓

簡単な間取り図にここに絵を飾るといいかな?とか模様替えしたい!とか、思いついたことをどんどん記入します。
こうしたい!こうすればいい!というのが分からない方もいらっしゃると思いますが、そんな時はまずその場所の寸法を測り、不満点を書き込みんでみます。

↓こんな感じです

   

例えばニッチはこんな感じで飾ってみたいなーなどスケッチしたり、絵は下手でも自分がわかればいいので気にせず書き込みましょう。
通販カタログやインテリア雑誌と一緒に見ると、欲しい物がとても探しやすくなります。
ただ単に「かわいいから買う!」のではなく「ここに置いてこうやって使うから欲しい!」ということが明確になります。
スーパーに買い物リストメモを持っていくと、無駄買いが無くなるのと同じですね。

 

インテリアも収納もよくするために活用しよう

不都合に感じたことや思いつきもどんどん書いて残す

収納グッズを買う時に多いのですが、気に入ったものがあったときに サイズ合うかな?失敗するかも?とは思うものの、せっかく買いに行ったんだから買わないと!という心理になったり、まぁ大丈夫でしょうー!となって買うことがあります。

100均商品などは特にツイ買ってしまいがち。そうすると失敗する確率は上がり、ゴミとなります。。
何が合わなかったのか?失敗の要因はなんなのかもちょこっと書いておくと、記憶が薄くなった時に思い返すことができて同じ失敗をしなくなりますね。

 

家の物のサイズを測ったら、メモではなく「家のことなんでも帳」に記入する

「家のことなんでも帳」は普段は持ち歩きませんが、無印良品やIKEAなど家具ショップに行くときには持っていくようにしています。
いくつかのページはスマホなどで撮影しておいても便利です。
メモだとそのメモ自体を失くしてしまい再び測り直しということが起こりますし、いざと言う時に持っていなくて役に立たないことが多いです。 外出先でも見れるようにしておけば、たまたま見つけたかわいいカゴも、さっとサイズを確認できて役立ちますよ。

 

収納もインテリアも変えたい方はおうちデトックスへ

統一感があって片付いたおしゃれな部屋には憧れますよね。そのために、私が実際に行っている「家のことなんでも帳」をご紹介しました。
訪問させていたただくお客様には、理想のイメージがしっかりある方、とにかく散らかっている状況だからまだイメージを持てない方もいらっしゃいます。
こうしたいがある方も、どうしたいはわからないけどここに困っているということは伝えられるからアドバイス欲しいと言う方も、ぜひ「家のことなんでも帳」をためしてみてください。
困ったとき、わからなくなった時には、お片付け・整理収納を基本にインテリアスタッフもおりますので、ぜひお気軽におうちデトックスにご相談くださいね。